スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【夢あるものは・・・】

夢のある者は、希望がある
希望のある者は、目標がある
目標のある者は、計画がある
計画のある者は、行動がある
行動のある者は、実績がある
実績のある者は、反省がある
反省のある者は、進歩がある
進歩のある者は、夢がある

今日も頑張ろう!!
スポンサーサイト

【ちょっとの努力】

私たちに起こる問題は、すべて

「ちょっとの努力が必要な」

問題ばかりです。

そのちょっとの努力を

するかしないかの違いが、

人の能力の大きな差として

出てくるのです。

(一冊の手帳で夢は必ずかなう、熊谷正寿)


すっげぇ努力しなくちゃいけない、と思うから、ちょっとの努力を

スタートする気になれない人がいる。

けれど、実際は、努力することに慣れていないから、

スタートできないことの方が多い。

どんなことへの努力も、最初は、ちょっとの努力から始まって、

その積み重ねが、結果的に、大きな努力になるだけのこと。

努力し慣れていない人にとっては、どこから努力すればいいのか、

いつ努力すればいいのか、みたいなことさえ分からないのだろう。

そして、ちょっとのことを始めないから、ずーっと先では、

ちょっとどころでない差が広がっていたりする。

当然のごとく、その差を感じれば…悪循環。

努力し慣れていないから、ちょっとの努力すら始めることが出来ず、

そうこうしているうちに、努力している人との差が広がって、

ますます努力する気は失せてしまう。

ちょっとの努力をしてみる習慣。これは大切ですよ。

ヒント

努力と言っても習慣を変えることだけ・・・。

いつもより5分起きる時間を早くするだけでもいいんですよ。

時間を作ればやれることが沢山できてくるから。




【自分探し~言葉の大切さ~】

自分探しなんて言ってるの?違うよ~。

今自分にあると思うものを取って、取って、取り去って、
もうないと思うくらいに
自分を捨てたときに残ったのが自分。
探さなくても出てくるよ。
最後残った自分を大事にしたらいいのよ。



※自分の心を見つめる時の言葉より抜粋


いろんなものを取り去って、それでも残ったのが自分。

出来る事や出来ない事がありますが

人は、出来る事で、自分を見せようとしていたりする。

簡単に言うと、演技をしてるって言うのかな?

出来る事をぜーんぶ取り去って、初めて自分だったりする。

反対に、出来ない事をぜーんぶ断って、そこに残った「出来る事」が

自分だったりもする。

どちらの基準でもいいけれど、自分の中から出せるものを

出したり、取り去ってみないことには、

自分というものは見えてこないのだ。

そのときに大切なのは【言葉】だと思います。

自分のことを表せるために、どんな言葉を持っていますか?

その言葉を出した時、取り去った時に、

まだまだ言葉で表せない自分が残るか。

ハッキリとした言葉で表せる自分が残るか。

難しいかな?

詳しい事は、卒業予定者スピーチの時に

現役メンバーに

伝えて卒業していくつもりです。

【もう一つの顔=生きざま】

ひとつの顔は神が与えてくださった。

もうひとつの顔は自分で造るのだ。

(シェイクスピア)


※「顔の造形は変えられないけれど、他人に与える印象なら
 変えることができると思う。『顔=生きざま』だとすれば、
 まず、うつむかないことから始めなくては。」

ルックスというものを美的価値観で見れば、
美しい、美しくないということになる。

けれど、
単なる区別という視点で見れば、あれとこれは違うという
意味合いしかないことになる。

りんごの種類わけのようなもの…

もちろん、きれいなりんごねぇ、
と気にする人もいるでしょうけれど、

実が虫食われになっていないで、
おいしければ、それでいいのだ。

もうひとつの顔。

顔以外に見せられる切り口が、自分に欲しい。

やっていること、態度、漂わせている空気、
そんな感じのことだと思う。

「ほらほら、メガネをかけてて、まゆ毛がちょっと太めで
 アンジェラ・アキに似ている感じの人」

という思い出され方でなく、

「あれよ、あれ、いつも○○をがんばっている人」
っていうのも、顔だと思うんです。

いつも自分に言い聞かせてます。


【情報】

情報っていうのは、
すべて知る必要はなくて、

どこでこの情報が手に入るか
ということを知っていれば、
知っている必要はないんだ。

(リチャード・ソウル・ワーマン)

うんちく王や受験勉強の為ならばこの言葉は該当しません。
情報が頭の中に、入っていなければいけないから・・・。

しかし、大人になってからの人生では、
大体、情報のありかを知っていれば、それで、事は足りると思う。

つまり、いざという時の引き出しが、頭の中にあればいいのだ。

でも、頭の中にちゃんとした引き出しが出来ていくためには、

やはり学ぶことが必要です。

知識や情報の体系を知らなくてはいけない

どんなふうにつながっているのか、どんなふうに進歩していくことか、
どんな可能性があることか、とか。

自分の知人に、凄い人がいる。いろんなことを引き出せる人だ。

しかし、その人自身は、たいして知っていない。
知っている人を知っているだけ。それも、多くの人を…

人のつながりと、情報のつながりをいっしょにしちゃっている人だから、
かなり便利だろう。

そこまでいくために、どれだけのことを学んできたかと思うと、尊敬します。


【意識の集中】

人それぞれ、好きな感情ってありますよね。

あなたはどんな感情が好きですか?

どんな感情を感じていたいですか?

つらい、苦しい感情を感じたいですか?

それとも、楽しい、ワクワクするような感情を感じたいですか?

聴くまでもなく、つらい、苦しい感情は感じたくないですよね。

当然、楽しい、ワクワクするような感情を感じたいと思っているはずです。

そして、人は誰でも、自分が感じたい感情を感じることができるのです。

つらい、苦しい感情から楽しい、ワクワクする感情に変えることができます。

しかし多くの方が、どう変えればいいのかその方法がわからずにいます。

感じ方を変える方法、これはそんなに難しいことではありません。

やり方自体、すごく簡単です。

ただ、簡単と言ってもそれをすぐに身につけることができるかといえば、

すぐにできる人もいれば、繰り返し練習することでできるようになる人もいます。

ではどう感じ方を変えるのか?

『フォーカス』

フォーカスの当て方を変えるのです。

フォーカスを当てるポイントを変えれば、感じ方って変わります。

実際やってみるとわかるでしょう。



つらく苦しい感情を感じたいのであれば、

つらいこと苦しいことに意識を集中させればいいのです。

楽しい、ワクワクした感情を感じたいのであれば、

楽しいことワクワクすることに意識を集中させればいいのです。

たとえば、

何かの飲み会に参加したとしましょう。

飲み会が始まって少し経つと、隣のテーブルの端に座っていた二人が、

向き合って何やら人の批判話をしているのが聞こえてきたとしましょう。

人の批判話が嫌いなあなたは、隣でその話を聴いているうちに、

だんだんイライラしたり不快な気分になっていくことだと思います。

なぜなら、人の批判話に意識が集中してしまうから。

でもですね、その二人以外の人たちは、楽しい話や冗談をいいながらすごく盛り上がっています。

もし、あなたがそちらの方に耳を傾けていたらどうでしょう?

楽しい感情を感じることができると思いませんか?

人はどんなことでも、自分がフォーカスしたものに向かっていきます。

ゴール達成だって同じです。

自分が行きたい方向、目指しているゴールに意識を集中させ、

フォーカスしていれば、ゴールへと到達することができるのです。

【特性】

成功している多くの人に共通する特性って何だと思いますか?

いろいろとあるとは思いますが、その一つに、

「出し惜しみすることなく、持っているものをすべて出す」

ということがあります。

これは、何もお金など有形なものではなく、

知識や智恵など無形なもの含まれます。

普段気づいたことや発見したこと、セミナー、

講座、講演会などで学んだこと、自分が体験、経験したことなどを、

すべて出し惜しみなくアウトプットしているのです。

その手段として、人に直接伝えることであったり、

文章として表現したりしているのです。

基本的には、自分が体験、経験したことや、今まで学んできたことなど、

持っているすべての知識や智恵などは、

出し惜しみすることなく出すように意識しています。

出し惜しみせずすべてを出すと、相手に喜んでもらえるのは

もちろんのことなのですが、それ以上に、自分の学びがより深まります。

どんどん成長していっているのが実感できるのです。

自分の持っている知識や智恵を出し惜しみなくすべて出すという行ないは、

自分のステージをさらにアップさせることでもあります。

成功している多くの人たちは、このことを知って実行しているから、

成功していると言っても過言ではないでしょう。

もちろん、企業の秘匿性の高い情報なども出し惜しみなく出しましょう、

なんてことは言っていませんので念のため・・・

あなたは、自分の持っているすべての情報を、

出し惜しみなく提供することができますか?

自分の中ですべての情報などを出し惜しみなく出したつもりでいても、

実は、すべては出ていなかったりします。

まだまだ出し切れていないものがあることに、後で気づいたりするのです。

つまり、そのときはすべて出していると本気で思っても、出ていないものがあるのです。

必ずと言っていいほど。

なので、もしあなたがすべてを出すことに躊躇しているのであれば、大丈夫です。

すべては出ていませんから。

それに、すべてを出し惜しみなく出し尽くすつもりで出していれば、

新しい情報なども入ってきます。

なぜなら、空いたところを埋めようとする性質があるから。

【成功してる人してない人の違い】

成功している人と成功できていない人の違いは何か?

違いはいくつもありますが、一つは、一つのことを徹底してやっているか、

それともいろいろなことに手を出しているか。

この違いです。

成功している人は、一つこれと決めたらそれを徹底的にやります。

これが自分の専門性と決めたら、それを極める、

誰にも負けないぐらいそのことに取り組みます。

しかし、成功できない人というのは、最初からあれもこれもと手を出します。

まだ身についていないのにもかかわらず、次々に新しいことに手を出すのです。

もちろん、新しいことに手を出すのが悪いわけではありません。

もしかしたら、それが自分の求めていたもので、専門性になるかもしれませんからね。

でもですね、本当に自分が求めていたものかどうかは、

じっくりと腰をすえて取り組まないとわからないのです。

ちょっとやったぐらいではダメなのです。

中途半端にやっているからいつまでたっても

自分の求めているものに出会えないし、専門性が決まらないのです。

何でもそうですが、ある程度の期間、

本気でそのことに取り組んでやらないと、それが良いのか悪いのか、

合うのか合わないのかなど本当の意味ではわかりません。

もしあなたが成功したいと思っているのであれば、

一つことをやると決めたら、

最低でも3ヶ月間は本気で取り組んでみていただきたい。

あなたがこれから独立、起業したいと思っているのであれば、

今勤めている会社を辞める前に、

何か一つのことを徹底的に突き詰めてみるといいでしょう。

自分の専門性として、独自の売りになるぐらいやっていただきたい。

会社を辞める前に専門性が確立していれば、

起業当初から上手く行く確率は高くなります。

逆に、自分の専門性もないままに起業したら、上手く行かない確率が高いです。

すべて承知の上で起業するのであれば、それはそれでいいでしょう。

ただ、精神面、経済面において耐えることができるのであればですが・・・。

【幸せに成功する】

成功している人はなぜ幸せに

成功しているのでしょうか?

幸せに成功していない人との

違いは何だと思います?

・・・

発想が幸せに成功していない人と逆。

そう。

幸せに成功している人たちは、成功していない人たちと

逆の思考をしているのです。

もう少し詳しく説明しましょう。

たとえば、幸せに成功している人はよく、

「先に与えろ」ということを、口癖のように言います。

「他の人から何かを与えてもらうことばかりを考えるのではなく、

自分から先に相手が喜ぶこと、得することを与えなさい」、といいます。

これは何も、成功したから言われているのではなく、

まったく成功していないときから、先に与えていたのです。

だから、幸せな成功を成し遂げたのです。

先に与える。

この発想、本当に大事です。

この発想に思考を転換しないと、幸せに成功するのは難しいかもしれません。

ただ、疑問もあることでしょう。

自分が満たされていないのに先に与えることなんてできない、

と言った疑問が。

まぁ、以前の私もそう思っていました。

でもですね、経験していくとわかりますが、

「先に相手に与えるから自分が満たされていく」

ということに気づきます。

あなたはどうでしょう?

先に与えることをしていますか?

楽しくないのに笑えない、と言う人がいます。

これも同じ。

発想が逆。

笑うから楽しくなるのです。

あなたがどちらの思考をしようが自由です。

ただ、誰の束縛もなく自分で好きな方を勝手に選べます。

自分でコントロールできます。

それに、どっちを選択しても労力は同じ。

であるならば、

どちらを選んだ方が幸せな人生を過ごせるでしょう・・・

【自分が目指すべきもの】

何のために生まれて来たんですか?

こう質問されたら、どう答えます?

・・・

きっと、今まで何度となく、この世に生まれてきた意味、

使命のようなことを考えては悩んできたことでしょう。

今も、毎日考えては悩み続けていたりして・・・。

自分は何のために生まれて来たんだろう?

とか、人生の意味ってなんだろう?

と言ったようなことを考えていたことがありました。

でも

そんなことはどうでもいいのです。

自分は何のために生まれて来たとか、人生の意味なんてものは、

そんなに真剣に考える必要はないです。

それよりもっと大事なことを、考えていただきたい。

もっと大事なこと・・・

それは、「どうなりたいのか。」

あなたは、どのような人になりたいと思っていますか?

もちろん、自分以外の人にはなれません。

自分は自分にしかなれません。

理想の自分って、どんな自分でしょう?

これをぜひ、真剣に考えてほしい。

理想とするなりたい自分を目指して今を生きる。

理想を現実にしていく。

未来から今へさかのぼって行く。

ゴールを決めて、ゴールから今への地図を描く。

そうすれば、今日何をすればいいかがわかります。

今日何をしていいかわからないのは、ゴールがわからないから。

あなたが目指しているゴールは、どこでしょうか?

【現在の姿】

※過去の積み重ねが今の自分の姿である。


私もあなたも、今まで何かしら思考を巡らせながら、

現在まで生きてきました。

特に、何か大きな出来事のときには、

必ずそのことについて時間を確保して、考えてきたはずです。

中学受験、高校受験、大学受験、入社試験(面接)、

転職、退職、好きな人に告白する、結婚する、離婚する・・・など、

事あるごとに考えてきたことでしょう。

もちろん、これら以外の出来事でも、考えてきたことだと思います。

そして、過去の思考の結果、今があるわけです。

思考してきた結果、現在のあなたがあるのです。

思考が、あなたを創っているのです。

つまり、あなたが過去に考えてきたことが、

今のあなたの”現実の姿”を創りだした、ということです。


今の自分の姿って、自分が理想としている姿でしょうか?

それとも、自分の理想とは違う姿でしょうか?

もし自分の理想としている姿と違うのであれば、

これからどのようにしていけばいいと思いますか?

理想とする姿でないならば、違った考え方に変えていけばいい。

考え方を、シフトしていく。

考え方をシフトしていけば、現実は変わります。

現実が変われば、あなたの行動は変わっていきます。

行動そのものが変われば、今までとは違う結果が出ます。

どんな結果になるかはわかりませんが、

もし自分が望んでいる結果でなければ、

また考え方をシフトしてというように、繰り返していけばいいのです。

どうすればいいかわからないと言う人は、

良かれと思うところに身をおいてみてはいかがでしょう。

例えば、街に貢献している団体とか・・・。

青年会議所とかとか・・・。(若い人には一押しです)

とにかく行動を起こす事。

今までと同じ行動をしていたり、今までと同じ人ばかりだと

将来そのままの自分の確立が高くなります。

自分に変化を起こし進化していく。

そうすれば、最後には自分の理想の姿になれます。

もし、なれないとすれば原因は一つ。

”途中であきらめた”

たったこれだけです。

【領域】

自分の領域って考えた事ありますでしょうか。

毎日何気なく生活していて気が付かないところだと

思います。

こんなブログがありました。

【領域】

人は安心感、安定感が得られるような

領域にいようとします。

多くの人が、安心・安定感が得られる領域

から抜け出そうとはしません。

そこにとどまろうとします。

しかし。

ずっと安心感、安定感が得られる領域にとどまっていては、

成功することはまず難しいそうです。

なぜなら、成功するには安心感、

安定感が得られない領域にあるからです。

そこから抜け出さない限り、成功はつかめないのです。

好奇心があって、常に変化を求めるような、

いわゆるチャレンジ精神旺盛の人が成功していったりします。

もちろん、すべての人ではありませんが・・・

あなたには友人、知人がいると思います。

その人たちは自分と似たような考えであったり、

気が合ったり、価値観が同じであったりしませんか?

一緒にいると、楽しいと思えたり、

心地良いと感じたり、安心したりしますよね。

会うたびに不快感を感じたりはしないはずです。

逆に、自分と合わない人や価値観の違う人と一緒にいると、

毎回不快に感じたりするはずです。

出来ることならば、早くその人から離れたい、

と。

でもですね、自分の価値観と違う人が、

実は、あなたの成功を後押ししてくれたりします。

価値観が違うから、そこから成功のヒントを得たり、

気づかせてもらったりすることができるのです。

なので、毎回自分の気の合う、価値観が同じような

仲間とばかり集まるのではなく、

たまには、まったく価値観の違う人たちと

会って話したりするといいでしょう。

※せっかく青年会議所に入ってるのだから

いろんなところに行ってみていろんな人と出会う事が

自分の為になります。

井の中の蛙にならないように、いろんな人の考え方や

見方を勉強するつもりで、外に思い切って出て見ましょう。

きっと素晴らしい人たちと出会うことが出来ますよ。



【自己分析】

あるブログでこんなのが載ってました。

自分を知るための方法です。

自分が何者であるか知るために・・・。

自己紹介の下手な私には大変為になりましたが・・・。


【自己分析】

あなたは、自分が何者であるかご存知でしょうか?

自分は何が好きで、何が嫌いで、どういう人間で、

どういう役割があるなど、理解していますか?

ほとんどの方が、何となくは理解していることだと思います。

しかし、実際は自分が何者であるか、

明確になっていなかったりします。

ですので、自分が何者であるかを明確にしましょう。

ではどうやって明確にするのか?

「自分は○○である」

この○○のところに、自分自身のことについて

当てはめていけばいいのです。

たとえば、私であれば、

・私は男である

・私は父親である

・私は夫である

・私はコーチである

・私はビジネス書を読むのが好きである

・私はハワイが好きである

・私は運動するのが好きである

・・・などです。

他にもまだまだあります。

あなたがこれをやる場合は、思いつく限り

すべて紙に書き出していただきたい。

これをやることで、あなたが何者で、何を目指し、

何を基準に進んでいくのかがわかってくるようになります。

目的だったり、価値観だったり、

ビジョンなどがやる前よりは明確になるはずです。

ぜひ、まだこれをやったことがないという場合には、

やってみることをおすすめします。

※いかがだったでしょうか?

それでは今日も頑張りましょう!!

【空手大会】

10月10日(日)埼玉県春日部にて空手の大会がありました。
指導員としてはじめて同行させてもらいましたが、
子ども達の試合とは言え、凄く迫力がありました。
逕サ蜒・011_convert_20101012165400
開会式の模様です。
逕サ蜒・007_convert_20101012165153
試合前の準備運動
逕サ蜒・005_convert_20101012165104
会場裏にて試合直前の練習
逕サ蜒・010_convert_20101012165336
試合を見ていい刺激になりました。
新たな目標ができました。
来年は一般社会人で試合に出てみたいと思います。

【行動~習慣へ】

ほとんどの人は、目標を設定するときに、
「結果」にフォーカスしてしましまいます。

例えば、「年収1000万円になるぞ」とか
「理想の彼氏をゲットするぞ」「5キロ痩せるぞ」など、
結果にフォーカスして、そのプロセスや行動を
無視してしまいます。しかし、現実問題、
その結果は、あなたのコントロールの外にあります。

年収1000万円になりたかったら、じつは、
今の仕事でもやるべきことがたくさんあるわけです。
それには、年収1000万円分の行動、
振舞いが必要になってきます。

そして、この行動、振舞いは、完全にあなたの
コントロールの範囲内にあります。
そこにフォーカスして目標を立ててみてください。
そうすることによって、あなたは、すべて、
達成可能な目標を立てることができます。

自分を不幸にしない13の習慣より抜粋

※この後が大切で、では1000万円をもらう為に
何をすべきかを考え行動に移す事。

これが明確にならなければ、絵に描いた餅になってしまいます。

強い気持ちがあるのならば行動を起こし習慣化しましょう!!

【泣ける話】

子供を愛していない親なんて存在しない。
少なくとも周りでそんな人物に出会ったことがない。
子供がいる親ならば誰しもがそう感じるだろう。
子供は自分にとって「なにより特別な」存在なのだから。

【神様への手紙】

4歳になる娘が、字を教えてほしいといってきたので、
どうせ飽きるだろうと思いつつ、教えていた。

ある日、娘の通っている保育園の先生から電話があった。
「○○ちゃんから、神様に手紙を届けてほしいって言われたんです」
こっそりと中を読んでみたら、
「いいこにするので、ぱぱをかえしてください。おねがいします」
と書いてあったそうだ。

旦那は去年、交通事故で他界した。
字を覚えたかったのは、神様に手紙を書くためだったんだ・・・
受話器を持ったまま、私も先生も泣いてしまった。
「もう少ししたら、パパ戻って来るんだよ~」
最近、娘が明るい声を出す意味がこれでやっとつながった。
娘の心と、写真にしか残っていない旦那を思って涙が止まらない


【優しい私の娘】

息子が生まれ、物凄く手のかかる子で私が育児ノイローゼになりかけた。
上の娘(2歳)にもちょっとした失敗でイライラして怒ってた事が多々あった。

旦那の仕事が忙しく、帰ってくるのは深夜。
本当に何をしても泣く息子に私の方がしんどくて泣いてしまった時
「母ちゃんどうしんたん?泣かんでええ。○○(娘の名前)が傍にいてるから」
「大丈夫。大丈夫」
と頭を数回撫で撫でしてくれ、優しく抱きしめてくれた。

怒ってばかりで我慢ばかりさせてたのに、
優しく接してくれた娘に申し訳なくて、また泣いてしまった。
「いつも怒ってばっかりやのに・・・ごめんね。
ありがとうね。母ちゃんまた頑張るよ」
と涙声で言ってしまいました。


【慣れてない弁当】

午前3時、実家から電話。急いで来て欲しいと母。
行ってみると癌を患っていた父が冷たくなっていた。
おろおろする母を一人にはできず、急いであちこちに連絡。

「そういえば今日は息子の遠足の日だ・・・どうしよう・・・」
当時4歳の息子、バタバタしている最中なので
遠足に行かせてしまおうと思ったが遠足の弁当を作っている時間がない。
それでもあせって自宅に帰ったら、中一の娘が遠足の弁当を作ってくれていた。
普段はカップラーメンぐらいしか作らないのに。

ごはんにふりかけをかけて、ウインナーや卵焼き、ほうれん草のおひたしetc…
「ありがとう・・・」ジンときたよ。

その弁当を持って息子は遠足に。
私は葬儀の手配など忙しく動き回っていた。
夕方保育園まで息子を迎えに行ってお弁当箱を開けてみると
キレイに食べてあったが、ほうれん草のおひたしだけが残っていた。
ほうれん草スキなのに。

「コノホウレンソウ、辛カッタ・・・」
食べてみるとそれは大量のカラシナの漬物だった・・・。

・・・でも、娘よ、ありがとね。


【ディズニーランド2】

ディズニーランドで「夢と魔法の王国」
というテーマ性を維持するためにやっていること

1、ゲストに感動を与えるために

1-1 10000人のキャストが担当する役割

キャストはゲストとのコミュニケーションで感動を与えること

お迎えする側の人間(キャスト)がパーク(ステージ=舞台)でショウを見せる。
 コスチューム(舞台衣裳)を着けて、「オンステージ行きます」といってパークに出る。
(働くこと=ステージにのる「お掃除というショウを演ずる」のだ)

心からお迎えできるのはファミリーだけだ。
だから、パークの中では、全部直庸社員がゲストをお迎えしている。

1-2 モノが担当する役割

夢の国と思ってもらうために完璧な環境を整備すること

完璧な環境づくりには大変なお金がかかる。
遊園地ではない。ここは劇場だ。

現実的な姿は見せない。

バックヤード:日常的なもの一切をまとめていれてある。
車庫、衣裳倉庫、保全設備、管理棟、従業員施設など。

大地下道(3本):食材の運搬――32の直営レストランへ通じている。

ホテル(5つ;3200室):全部12階に高さが制限されている。
夢の国からホテルが見えてはいけない。夢の国の果ては青空と森しか見えないはずだ。

夢の国に絶対にあってはいけないもの。それはゴミだ。
そのために、600人のカストーリアルを使って15分に1度掃除をする。

2、コミュニケーションとテーマ性の維持のための具体的なポリシー

2-1 ディズニーランドは常に未完成でなければならない

常に夢を追いかければ、いつまでも完成するはずがない。
リピーターに「今度は新しくできたあのアトラクションを見よう」と考えていただくために。

2年に1つ、100億単位のアトラクションを建設する。

スプラッシュマウンテン(270億)、スターツアーズ(108億)

 参考:ホテルサンルート(95億)、北九州のスペースワールド(トータル300億)

2-2 日常に非日常的な世界でなければならない

15万坪のパークと10万坪の駐車場には自動販売機を置いてはいけない。
自動販売機は便利だけれど、感動は与えない。
機械と人はコミュニケーションができない。

銀行ではコミュニケーションが大切だといいながら、
CD機をどんどん増やしている。やっていることといっていることが逆だ。

パークの中 :「人ができることは、全部人がやる」 ―― コミュニケーションのチャンス

バックヤード:「機械化できることは全部機械化する」―― コストダウンと便利性

2-3 常に毎日が初演でなければならない

日本では「初心忘るべからず」といいながらそのために何をするかの具体化ができていない。

演技が惰性に流れては、ゲストに感動を与えない。

600人のエンターティナー(内ダンサー;500人)は
年に1度全員オーディションを受けなければならない。
「君のダンスは初演になっているか?スマイルやダンスが惰性に流れていないか?」

以上の3項目、どれを取っても、ポリシーを具体化する手法をきちんとつけて制度化している。

3、入場した人がゲスト(キップを買った人がゲストではない)

ディズニーのポリシーに賛同していただけるゲストに何度も来ていただけばいい。
ディズニーのポリシーに賛同いただけない方は入場していただく必要がはない。

ファミリーエンタティメントであるディズニーランドにはゲストに対するいろいろな入場制限規定がある。

ドレスコード。弁当の持ちこみ禁止。動物の同伴禁止。
(モヒカン刈りの暴走族はキップを持っていても入場禁止--
暴走族はファミリーエンターティメントにそぐわない)

4、SCSE(ディズニーにおける仕事の進め方、4つのポリシー)

4-1 Safty

安全でなければ誰も夢など見ない

15万坪をナイトメンテナンンスというキャストが水洗する
翌日ゲストの赤ちゃんがハイハイしてもいいようにきれいにする)
(夜中の3時、便器に名前をつけ、話しかけながら掃除をする)

4-2 Courtesy

不愉快な印象をゲストに与えてはいけない

キャストは礼儀正しくなえればならない

4-3 Show

売り子というショウ。お掃除というショウ

4-4 Efficiency

効率的に考えるのは第4番目

【ディズニーランドのマニュアル】

『ディズニーランドのマニュアルは300以上もある職種別にできていて、
全部を集めると大変な量になっているが、キャストは自分の仕事のマニュアルだけを
読めばいいようにできている。

マニュアルには、はじめにその職種の仕事の目的が数行かかれていて、
後は形で教える記述になっている。

日本人は形で教えると聞くとそれだけで、
"そんなガンジガラメのマニュアルで規制されては大変だ"と反発を感じてしまいます。
ディズニーでは百点満点を期待していません。70点とれるように基本だけ教える。
そのために、実例も3つ以上かく必要はない』というのです。


「チケットブース(入場券販売)」


目的 :あなたの仕事はチケットを売ることではありません。
東京デズニーランドへおいでになったゲストと
最初にコミュニケーションをとることです。

形  :目と目を合せて
    ニッコリ笑って
    ひとこと声をかける

注意 :「いらっしゃいませ」とはいわないで下さい。
例えば、「おはようございます」「こんにちは」「こんばんは」


なぜ「いらっしゃいませ」ではいけないのか。それは日本では「いらっしゃいませ」には誰も返事をしない習慣(デパート、銀行その他)になってしまっている。ゲストから返事をいただいてはじめてコミュニケーションがとれたことになるのだから。


「カストーリアル(掃除担当)」


目的:あなたの仕事は掃除をすることではありません。
あなたはキャスト(役者)としてお掃除というショウを演技することです。

形 :お掃除というショウを演ずるのですから、ちゃんと振り付けがあります。

だから、衣裳(コスチューム)をつけてパークへ出る前に、
バックヤードでちゃんと練習をして「お掃除という演技」が
できるようになっておかなければいけないのです。


ディズニーランドのお客様へのとらえ方は本当に素晴らしいです。
お客様との心と心の繋がりを大切にしている。

これを読んで何かのヒントになればいいと思います。


【Today is the first day of the rest of your life.】

今日という日は、残りの人生の最初の日である。

私が好きな言葉の一つです。(誰の言葉かわからないのですが。)

一日一日が新たな未来への出発点である、
ということを意識しましょう。

毎朝、このことを意識して生きることができたら、
人生をさらに希望に満ちあふれたものにできると思います。

一日一日を大切に生きる。

大切な事ですね。

【成功哲学 ナポレオン・ヒル】

もし、あなたが敗れると考えるのなら、あなたは敗れる。
あなたがどうしてもと考えないなら、何一つ成就しない。
あなたが勝ちたいと思っても、勝てないと考えるなら、
あなたに勝利は微笑まない。

もし、あなたがいい加減にやるなら、あなたは失敗する。
我々がこの世界から、見出すものは、成功は人間の意志によってはじまる。
全ては人間の精神状態によって決まるということだ。

もし、あなたが脱落者になると考えるなら、
あなたはその通りになる。
あなたが高い地位に昇ることを考えるなら、勝利を得る前に、
必ず出来るという信念を持つべきだ。

人生の戦いは、常に強い人、早い人の分があるのではない。
いずれ早晩勝利を獲得する人は
「俺は出来るんだ」
と考えている人だ。 

【第59回小田原・箱根全国大会】

公益社団法人日本青年会議所の全国大会に出席してきました。
今回の大会で私は晴れて卒業です。
特別な想いの中参加させていただきました。
今回は大懇親会のブースを出展。那須ブランドの宣伝をしてきました。
那須豚の味噌漬けは大好評ですぐに完売してしまいました。

一部始終を写真にて紹介します。

逕サ蜒・001_convert_20101004065252
逕サ蜒・009_convert_20101004065605
逕サ蜒・010_convert_20101004065630
今回設営に頑張ってくれた相馬事務局長です。
ずっと電話かけっぱなしです。
よく頑張ってくれました。感謝!!
逕サ蜒・015_convert_20101004065902
逕サ蜒・017_convert_20101004065955
一夜明けて、熱海のパワースポット”来宮神社”にて参拝。
逕サ蜒・022_convert_20101004072526
樹齢2000年以上ですって。
本州一位の巨樹で全国では2位だそうです。
逕サ蜒・021_convert_20101004070553
そして卒業式・大会式典会場へ。
逕サ蜒・025_convert_20101004072800
逕サ蜒・027_convert_20101004073842
式典が始まりました。
逕サ蜒・028_convert_20101004073910
卒業生です。
那須野ヶ原JCさんと一緒に撮影。
逕サ蜒・030_convert_20101004073937
逕サ蜒・032_convert_20101004074020
帰りにちょっとしたハプニングがありましたが、
思い出深い卒業式になりました。
LOM内では、あと4回の例会を残すのみになりましたが
最後の最後まで全力で駆け抜けて、悔いのない青春時代を
終わりにしたいと思います。
現役メンバーの皆様、大変お世話になりました。





プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。