スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【自信】

おはようございます。

昨日から空手道場に復帰しました。

まるまる1年間休んでしまった代償が・・・10kg増でした・・・。

1年前に履けた服が履けなくなっている。

体を動かすと言うのはいいですね。

頑張らなくちゃ・・・。

そんなわけで。

【自信のつけ方】

自信がない・・・。どうすれば自信がつくのか・・・。

自分に自信がなくて悩んでいる方が本当に多くいます。

私自身も同じく悩んでいます。(現在進行形ですよ)

(そう見えない・・・と言う方は沢山いますが)

って事で、心理学的に【自信】をつける為にすべき事をお話ししたいと思います。


1つは、自信があるように演じる事。


自信がある”役”を、日々演じるのです。

あくまでも”役”ですから、別に本当に自信があろうがなかろうが関係ありません。

役を演じ続けることで、本当に自信があるようになっていきます。

自信がある役を演じるということは【自信があるふり】をするということです。

ではなぜ、日々役を演じる、ふりをすることで、本当に自信があるようになっていくのでしょうか?

        ↓心理学的に説明しますと・・・。


【潜在意識】にインプットされていくからです。

潜在意識はご存知のように、本当のことと嘘のことを区別することができません。

現実と非現実の区別ができないのです。

だから、このメリットを活かして、役を演じる、ふりをするわけです。

いくら意識に働きかけても、潜在意識が同調しなければ意味がありませんので・・・

もし、役を演じるのが苦手な場合は

【行動量】を増やしましょう。



          自信がない=情報不足


その不足している情報を補えばいいのです。

足りない情報を補うことで、自信はついていきます。

もし何かに対して自信がないと思っているのであれば、

それは何かの情報が不足している合図です。

単純に

足りていない情報は、足りるようにするればいいのです。

そのためには【行動】を増やすこと。

行動すると【経験、体験、知識】が増えていきます。



実際に、自信があるかどうかは別として、自信があるように見える人にはある特徴があります。

それは何かと言うと【行動力】のある人です。

行動力がある人は、当然行動を起こしていますので、いろいろな体験や経験をしています。

また、知識も貪欲に吸収しているので、その分野のことをよく知っています。

学んでいるからよく知っているわけで、最初から知っているわけではありません。

つまり、行動せずに自信というものはまずつきません。


自分自身に言い聞かせてる事は

まず一歩を踏み出す【勇気】を持つ事。

次に【冒険心】を持つ事。

次に【行動】を起こす事。

次に行動を起こした結果を【検証】する事。

次に検証した事により【確信】を持つ事。

そして最後に【自信】が付くと思います。

あくまでも自論ですが、言葉に代えてしまえば

どのような順序で【自信】が付くのかわかると思います。

最初から自信のある人なんていませんよ・・・。

そんなわけで

今日も一日頑張りましょう!!!

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。