スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【物事の本質の見分け方パート1】

おはようございます。

久しぶりに寝坊しました。6時起きでしたが・・・。

頭がボーっとしてますがブログを書かなくちゃ・・・。

そんなわけで

【物事の本質の見分け方】

まずは他の人の言うことに耳を傾けること。

      ↑すごく大切な事ですよ。

その人の言うことが正しいと思うか否かに関わらず、とにかく誰かが何かを話していたら

注意深く聞いてみましょう。

思わぬところで思わぬことが聞けるかもしれませんし、自分の見方が変わるかもしれない。

どんな些細なことでもいい「物事の本質」を見抜くために必要なのは広範囲にわたる【知識】です。

膨大な【知識】こそが、物事の本質を見抜く力の基盤となると思います。

それともう一つ必要なのは【鋭い観察力と洞察力】つまり「頭脳」です。

膨大な知識があっても、それを必要なときに適当な知識を応用する力がなければ宝の持ち腐れです。

いわゆる【知恵】ってやつですね。

      ↓この後が必見です。

この力をつけるためにはとにかく自分の知識をもとに物事を「疑って」かかること。

自分の友人や家族、さらには先生の授業まで、とにかく自分の見聞きしたことを疑ってみるとよいと思います。

こうすることで【物事を多面的に見る視点】が身に付きます。

多面的な物事の見方が備われば、普通に考えたのではなかなか気づかない、新たな物事が見えて

くるようになります。

ただ、闇雲に疑うのではなく【疑える理由】を自分で説明することが重要です。

ある物事に自分が疑いを抱いているのなら、どうして疑えるのかきちんと論理的に説明

することで洞察力、観察力は飛躍的に向上します。

「知識」と「頭脳」この2つが極まれば「物事の本質」は自然と自分の目に映るようになります。

知識に対して貪欲になりつつも、その知識すら疑ってかかりその正しさを証明しようとする姿勢。

そして新たな物事に出会ったときには、先入観なしでまずはそれを受け入れ、

それからその是非を判断しようとする姿勢。

これらの姿勢こそ、「真実の目」を手に入れるための鍵となるでしょう。

簡単に言えば

【Yes・But方式】

最初はYESと受け止めて、次にBUT(しかし)と疑ってみる。

疑ってみるとは言っても”いい意味で”ですよ。

なんでもポジティブに受け止めましょう。

そんなわけで

今日も1日頑張りましょう!!! 



スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。