スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【トビー・テンプルの口説き方】

独身のJCメンバー必見 パート2です。

男はいつでも【ど真ん中直球勝負】です。

まぁ↓読んで見てください。



【トビー・テンプルの口説き方】

この話は、トビー・テンプルというコメディアンが、アメリカの芸能界で成り上がっていく、という話です。

このトビー。

ものすごいプレイボーイです。

トビーはスターなので、芸能界で、さまざまな女性と関係します。

その中で、彼の「口説き方」を説明します。

-----------------------------------
トビーの口説き方はシンプルだ。

女性に向かって、たった一球だけ、ど真ん中ストライクを投げてやる。

相手がホームランを打ったらOK。

打ち損じたら、さようなら。
-----------------------------------

これって、意外に恋愛の奥義なのではないでしょうか。

もちろん女性にとっては、「ハァ!? 何それ!?」みたいに思えると思います。

そんなに簡単に「さようなら」と言えるなら、最初から口説くな、と。

しかし考え方によっては、納得できる部分もあるのではないでしょうか。

実際、女性からしてみれば、

「明らかに相手のストライクボールに気づいた上で見逃し三振している」

にも関わらず、それでもしつこくボールを投げてくる男性だっているはず。

そう言う意味では、トビーみたいにあきらめがいい方が助かると思いませんか。

また、好きな相手がいて、告白できず悩む男性に、

「当たって砕けろ!」

とアドバイスをすることがありますね。

さらにフラれたあと、

「女なんて、星の数ほどいるさ」

と言い聞かせることがあります。

この2つのアドバイスを合わせたものが、

「女性に向かって、たった一球だけ、ど真ん中ストライクを投げてやる。

相手がホームランを打ったらOK。打ち損じたら、さようなら。」

なのではないでしょうか。

結局、分かりやすくまとめると、そういうことだと思います。

とにかくウジウジと、告白なのか何なのか分からない、あいまいなアプローチをダラダラと繰り返すなら、

とにかく分かりやすく、

「誰が見ても、ストライクとしか思えない球を投げる」。

【男はそれが大事】です。

そして女性が打ってくれなかったら、しょうがない。

しつこくダラダラつきまとうより、とにかく「あきらめよう! まだ次がある!」と切り替えること。

こういうセリフと考えると、結構うなずけるものもあるのではないでしょうか。


ここからが本題です。↓


【打ちとるのではなく】


さらに重要な部分は、もう一つ。

「打ち取ってやろう」ではなく「打ってもらおう」と考えている点ではないでしょうか。

実際に恋愛の場合、とにかく相手を「説得しよう!」「やりこめよう!」と思う人も多いかもしれません。

「いかに自分がスゴイか説明する」

「相手の良心を刺激して、自分と恋愛するように仕向ける」

「相手が思いも付かなかった口説き文句で、相手のハートを突き刺す」

などなど。

これはすべて、「とにかく打てないタマで、ストライクを目指す」「打者を打ち取る」

という発想をしている可能性が大です。

しかし恋愛、相手をやりこめてもしかたありません。

相手はイヤな気分になって、去ってしまいます。

大切なのは、それこそ接待スポーツなどのように【打たせてあげる】こと。

たとえば、バットを持って、打席になってみた場合を想像してください。

どんなに打つ気がなくても、「すんごくふわっと、ど真ん中のボールが飛んできた」ら、ついつい無意識に打ちたくな

ってしまいませんでしょうか。

そう思わせることこそが、最高の【説き】なのかもしれません。

相手を「追い詰めろ!」「打ち取れ!」ではなく、とにかくいい気分にさせて、

ふんわりと【打ちたい気持ちにさせる】こと。

これこそが、恋愛に限らず、仕事や人間関係など、すべての「口説き」「お願い」の奥義なのかもしれません。

それでダメだったら、もうとにかく「相手が恐ろしくヘタだった」と考えて、自分がキズつかないようにする。

そう思うことが、一番だと思います。



まとめ・・・。

○ まずは、ど真ん中ストライクを投げよう。

○ それでダメなら、もうしょうがありません。


というわけで、いかがでしたでしょうか。

大切なのは「ストライクを投げること」。


やりたい仕事があったけど、やれなかった…。

好きな人がいたけど、うまく行かなかった…。

そんなあなたに、もう一度、聞きましょう。

あなたは、ちゃんと「この仕事をさせてほしい」と言いましたか?

「好きだ」と言いましたか?

「つきあってほしい」と言いましたか?

それこそが、何よりも大切なんですよ。

だから【男はど真ん中直球勝負】です。

さぁ今日から試してみましょう・・・。(独身メンバーのみね・・・)

そんなわけで

今日も一日頑張りましょう!!!

※心理学ステーションより抜粋
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。