スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【描いたものの通りに人は生きる】

おはようございます。

早起きしてると、夜明けが早くなってきたのを実感します。

もうすぐ3月。

春も近づいてますね。

そんな訳で、今日の話は・・・。


【描いたものの通りに人は生きる】


「何とかなるさ」という人は、

「何となる」というものを描き、

 何となる人生をつかみ取り、

「どうせ俺はだめだ」と思う人は

 しょぼくれて、活気のない自分の未来を描き、

「だめだ」という実体を自分のものに

 していくもの。

「俺は何も描いてない」という人は、

「何もない」という空白を描いているから、

 その見つめる瞳はぼんやりと霧の中、

 やがて空虚な人生を自分のものに

 していくことになります。

※掌の中の幸せより抜粋


※自分の人生を【描く】なんて考えてなかったかも

 しれません。
 
 板室観光ホテル大黒屋さんに飾ってある 

 菅 木志雄さんの作品はまさに自分の思想を

 芸術として描いてます。

 私たちは自分の思ってることを”言葉”で描こうとします。

 言葉で描く事さえ難しいのに作品で表現できると言うのは

 本当に凄いなーと関心します。

 でも自分の人生が自分にとっての”作品”だとしたら

 描けないじゃなく描かなくちゃなりません。

 一度きりの人生。

 素晴らしい【人生】と言う”作品”を描きたいですよね。

 自分の人生を描いてみましょう。
 
 その事で、自分に足りない事ややらなくてはならない事に

 気付くかもしれません。

 また自分のすべき事や、やりたいことが見えてくるかも

 しれません。

 小さなことにこだわらずに

 前を向いて一歩ずつ【描いて】いきましょう。

 





スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。