スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【限界をつくるな】

「ノミの話」


驚異的な“ジャンプ力”で知られるノミ(蚤)。

成虫は体長1mmから4mmほどの小さな昆虫。
体は左右方向に扁平になっており、
髪や毛の間を動きやすいように出来ている。


羽はないものの、後ろ脚は飛び跳ねるためによく適応している。


ノミは最大で垂直方向に20cm(体長4mmとして体長の50倍)
水平方向に41cm(同100倍)跳ぶことが出来ます。

(もし身長160cmの人間が同じように跳ぶことが出来たら80m、幅跳びなら160m跳べることになる)


では実験。

 20cm跳べるノミがいる。

 そのノミを高さ10cmの箱に入れ、ふたをする。

 しばらく放置。

 箱の中で、ノミは跳び続ける。

 そして、そのノミを再び箱から出してみる。

 さてそのノミはどうなるでしょう。



・・・「跳べない」

不正解!

・・・「また20cm跳ぶ」

ハズレ!

・・・「箱の中のストレスから開放され、40cm跳べるようになっている」

残念!

・・・「疲れているから跳ばない」

論外!



それでは正解。


正解は、

「10cmしか跳べなくなっている」


箱の中でふたをされていたため、10cmしか跳ぶことのできなかったノミは

箱から出されても、10cmしか跳べない。

20cm跳ぶ能力を持っているにもかかわらず、こうなってしまうのはなぜでしょう。

それは、「箱の中」という環境で、「10cm」という壁をつくられてしまったために、
「10cm」が、自分に跳べる高さの限界と思ってしまったから。

自分で勝手に限界をつくってしまったために、
本来持っている能力を発揮できなくなってしまったのです。


これは、僕ら人間にも同じことが起こりうるのではないでしょうか。


オレには無理だ。
こんなことできるわけがない。



今までの経験や、今置かれている環境で自分自身に限界をつくっていませんか?




終わり。


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。