スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【本当のスーパーマン】

『何が 君の 幸せ?何をして喜ぶ?

わからないまま 終わる。そんなのは 嫌だ!』

どっかで聞いた時のあるフレーズです。

わかりましたでしょうか?

答えは・・・

アンパンマンのマーチです。

すごーくいい詩なんですよね。


どんな想いで【アンパンマン】が誕生したのか・・・。

今日はそんな話です。



【アンパンマン雑記帳】「詩とメルヘン'76年6月号」(サンリオ)

怪傑アンパンマンは五月号で第一部完結となりました。
はじめに予定した結末と全くちがってしまい作者がびっくりしていますが、
このあと、書き続けるかどうか、まだはっきりしていません。
一応雑記帳のかたちでとりとめもなくアンパンマンおよび、
ぼくのメルヘンについての考え方をお話しておきたいとおもいます。


本当の正義とは?そして
ぼくがまだ子供のときのこと


アンパンマンは、ある日アンパンを見ていておもいつきました。
ぼくはだいたい子供番組のスーパーマンものを見るのが大好きであったのですが、
見ていて納得できないのは、スーパーマンと怪獣がやたらに大あばれする
あたりじゅうメチャメチャに踏み荒しても、被害者に謝りにいったりしない。
正義の味方というけれど、本当の正義とはいったい何だろう?

そして、我々が本当にスーパーマンに助けてもらいたいのは、たとえば、
失恋して死にそうな時、おなかがすいてたおれそうな時、
あるいは旅先でお金がなくなった時、その他いろいろあるわけで、
そういう細かいところに気がつく優しいスーパーマンがいてほしいのです。
鉄橋もちあげたり、全くいそうにもないビニール製の怪獣をなぐりつけてもらっても、
あんまり心からよろこべない。


ぼくがまだちいさい子供の時、遠くの町へ遊びにいって財布を落してしまった。
ぼくは何も食べることもできず、第一、電車のキップを買うお金がない。
日暮れは追ってくるし、まわりは知らない人ばかり、いったいどうしだらいいのか、
死ぬほど心細かったのです。

しかたなしに、ぼくは線路を歩いて12キロばかり離れた自分の家まで帰ることにした。
ぼくは駅へいった。そしてぼうぜんとしばらくそこにたっていた。
日暮れの駅ほどあわただしくさびしいものはありません。

誰もかれも、急ぎ足で正確に自分の家を目指して帰巣本能の命ずるままにせかせか歩いていて、
ひとりのパッとしない少年がお金がなくて死ぬほど困っていることに気がつくひとなどはいません。

無限とみえるほど大勢の人がいても、それは全く自分とは無関係で、
言葉さえ通じない異国の人、いや、むしろ、人間以外の何かのようにさえみえます。
ぼくはノロノロと移動して、線路への道をさがそうとした時
「やなせ君!」と呼ぶ声がする-。

見れば、ぼくの友人のK君がお母さんと一緒にいるではありませんか。
地獄に仏!真実の神!
ぼくはK君とそのお母さんのところにライトがあたってそこだけバラ色に輝いているようにみえました。

その夜、オレンジ色の光の窓を行列させながら走っていった帰りの電車の中で食ベた
アンパンほどおいしい食べものをばくは知りません。
アンパンはぼくの食道にしみ、胃の粘膜(ねんまく)にしみ、心にしみた。
ぼくは甘美な恍惚感(こうこつかん)にひたった。幸福は、時として不幸の時に実感する。

ぼくはその時に思った。
【本当のスーパーマンは、ほんのささやかな親切を惜しまないひとだと。】
そして、そういう話をいつかかきたいと子供心に考えたのです。


※ほんのささやかな親切を惜しまない男になりたいですね・・・。

今日もがんばるぞ!!

スポンサーサイト
コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。