スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【幸福の価値観】

ある人の会話・・・。

「大きな金ができたら、どうする」
「別荘の庭のヤシの下で、昼寝でもするよ」
「オレはもう前から、ヤシの下で昼寝をしている」


【人間の幸福とは】


女と靴下、それは戦後、強くなったものの代表とされている。
靴下を、かくまでも強いものにした革命的繊維、ナイロンを発明したのは、ア
メリカのカロザースである。

勤め先のデュポン社は、この天才化学者に、万人垂涎の約束をしていたそうだ。
「生涯どこへ海外旅行をしようが、どんな高級レストランやバーで飲食しようが、
費用の一切は会社が持つ」
というのである。

デュポン社としては、この天才技術者を、他社に引き抜かれたりしたら、たい
へんだと考えたにちがいない。

もし、カロザースの、ごきげんを損じて、ナイロンの秘法を、どこかの会社に
もらされたりしたら、元も子もなくなる。

彼の一生の遊び代ぐらい保証しても、いたって安いものと考えたのだろう。

ところが、天国の楽園にいるみたいな、そのカロザースが、四十一歳という若
い身で自殺してしまったのである。

 
ここで、人間の幸福とはなにか、を考える一つの小話を紹介しよう。

 
ある南の国。登場人物はアメリカ人と現地人。
ヤシの木の下で、いつも昼寝をしている男をつかまえて、アメリカ人が説教する。

アメリカ人
「なまけていずに、働いて金をもうけたらどうだ」
男がジロリと見あげて言う。

現地人
「金をもうけて、どうするのだ」

アメリカ人
「銀行に預けてふやせば、大きな金になる」

現地人
「大きな金ができたら、どうする」

アメリカ人
「立派な家を建て、もっと金ができれば、暖かい所に別荘でも持つか」

現地人
「別荘を持って、どうするのだ」

アメリカ人
「別荘の庭のヤシの下で、昼寝でもするよ」

現地人
「オレはもう前から、ヤシの下で昼寝をしている」
 
と言う話です。

こんな幸福論の破綻を、カロザースは、マザマザと見せているようである。



※幸せと言うのはその人の【価値観】になります。

お金を稼いだから(人によっては)幸せと言うことではありません。

私たちは生きていく中で【価値観】を見出していく事が大切だと思います。

自分のとってる行動に【意味づけ】をしていけば必ず価値観が出てくるものだと

思っています。

一つ一つの行動に【意味づけ】してみてはいかがでしょうか・・・。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。