スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【これだなぁー】



―――――――――――――――――――――
「これだなぁ」と思い出せ

      ~苦難の嵐に向かって~
―――――――――――――――――――――

超大型台風が、関西を直撃したときのことである。

大阪のある学校で、先生はじめ大勢の生徒たちが、

狂風にもまれ、ぶきみにきしむ校舎の中で、どうしたら

よいものかと、生きた心地なく、とほうにくれていた。

一人の教師がそのとき、敢然と立って叫んだ。

「みんな、風に向かって出ろ」

生徒たちは外へ飛び出した。

しかし、出るには出たが、たちまち風に吹きとばされてしまう。

自然に風下へ、風下へとゆこうとする。

「それではダメだ。はって、田んぼへ出て、稲にすがって進むんだ」

教師のえらい剣幕に驚いて、子供たちは、田んぼへ出て、

稲につかまって進んだ。

まもなく大音響がとどろき、風下へ校舎が倒壊したが、

一人の死傷者も出なかった。


人生また然り。泰然自若、大勇士の覚悟で苦難に向かってゆけばよいと、

いくらわかっていても、敢行が難しい。

朝起きてから夜寝るまで、気にくわぬことが山ほどある。
 
ささいなことなら、洗面の水が冷たすぎたり、湯ならば熱すぎたり。
 
食卓に向かえば、飯がこわかったり、やわらかすぎたり。

第一、天候が、スッキリ注文どおりになることは、年に三日もなかろう。

家庭や職場での人間関係のわずらわしさ。

そのうえ、不幸や災難に襲われる。

いずれも苦しませるか、悲しませるか、傷つける。

喜ばせるものは少ない。

 
そんなとき、「これだなぁ」と思ってみたら、どうだろう。

 
忍耐というのは「これだなぁ」と思えば、苦労も軽くなる。

親切というのは「これだなぁ」と思えば、イヤ味なく接せられる。

勇気とは「これだなぁ」と思えば、許せぬことでも許せるようになってくる。

「これだなぁ」の稲にすがって、苦難の嵐に向かって、

一歩でも前進したいものである。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。