スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【真のプロ】

殿様の命令に従わなかった船頭


鍋島加賀守が江戸に参勤のため、瀬戸内海を船で走り、
その日のうちに大阪に着こうと予定していた。
 ところが船頭が、一点の曇りも風もないのに、急に叫んで
舟子に帆をまかせ、船を高砂の入り江に着けようと騒いでいる。

 加賀守は数度往来して、西国の海上には慣れていた。

「これはいったい、どうしたことか」
 船頭を呼びつけ、きびしく詰問した。

「まことに申し訳ありませんが、天候が急変しそうで油断ができ
ませぬ。殿に万一のことがあればと思いまして、出航を見あわせました」

「ばか者、この天気を見ろ。うつけ者めが。こんなときに嵐がおこる
はずがあるか。かまわぬから、ただちに舟を出せい」

 きつい下知黙って引きさがったが、船頭は、いよいよ高砂の浜に船
を急がせた。

「おのれ余の命令にさからう気か。もし天候が変わらなかったら、
そちの首をはねるから覚悟しておれ」

「承知いたしました。もし天候に激変がなければ、殿には、これほど
のおめでたいことはありません。私めは切腹いたしまする」

 きっぱりと、船頭は答えた。

 それから一刻とたたぬうちに、一天にわかにかき曇り、
烈風忽然と吹きたたり、波浪奔騰したが、船頭は舟子たちを励まして、
ようやく九死に一生をえて、ことなきをえた。

 大役を終えた船頭は、十四歳になるわが子を前に諭した。

「船頭がいったん舵を握れば、何人の指図も受けてはならぬ。
たとえ身命を失うとも、己の信念どおりに舟をあやつるのが船頭じゃ。
今日のことを、よくよく忘れるでないぞ」

 加賀守は、いたく感嘆し、称賛した。

いかなる権威や恫喝にも屈せず、己が信念を貫く者こそ、その道の

プロである。

【真のプロでなければ、大事を成し遂げることはできない】

※強い信念を持つことが大切ですね。
スポンサーサイト
コメント

えらい!

 毎日 毎日関心 します! 

最近私のほうがサボりぎみ!(つぶやいてはいますが(笑))

 委員長として更なる飛躍を期待してま~す

PS,ちょっと つぶやいてみて^^

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。