スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【町おこし金庫は永遠に・・・】

こんな話を見つけました。

理解するのが難しいかもしれませんが、理解した時

なるほどなーと感じるかもしれません。

この話は

タイトルの「永遠に」が意外に奥深い意味を持ってます。


この話の舞台は、ある町から始まります。
その町には小さな山があり、その頂上には、大きな金庫が立っています。


そして・・・。
多くの泥棒が、この金庫を狙ってやってきます。

しかし、山に仕掛けられていたワナにかかって、命を落としてしまいます。


それを見て、観光客たちが、怖がりつつも大喜びをします。

この町は、その巨大金庫と、それを狙って命を落とす泥棒を見学するために、
常に多くの観光客が訪れているのです。


そこに登場するのが、ルパン三世。

彼は何とかその金庫を狙おうと、その町の酒場に入ります。

そして、酒場の女主人に、金庫の由来を聞きました。

金庫の由来はこうです。

昔、フィルという伝説の盗賊が、この町に遺産を残しました。

その金庫が、つい最近、地崩れによって、山の頂上に姿を現しました。

しかしワナが掛けられているため、誰も近づくことはできない…
というわけです。

また女主人は、盗賊フィルの口癖が
「ラム酒をあびれば俺はいつだって生きかえる」
ということも教えてくれたのです。


その話を聞き、さらに財宝を狙う意欲を高めるルパン。
しかし女主人はそれを見て不敵に笑います。

そしてルパンは作戦を立てます。

ここでは詳細は明かしませんが、ある方法で、ルパンは金庫の前までたどりつ
きます。

それを見て驚いたのは、酒場の女主人も含めた、町の人たち。
実は、ワナを仕掛けてまで、金庫に泥棒を近づけなかったのは、
町の人たちでした。

金庫の前まで来たルパンは、町の人たちに、金庫を開けさせるように言いまし
た。

すると、金庫を開けて出てきたのは、ボロボロの古着が、たった一枚。

町の人たちは、事情を話します。
実は彼らも、そもそも同じくフィルの遺産を探していました。

そして金庫を見つけ、開けましたが、中身が古着一枚だったと知り、消沈しま
す。

そのため、「金庫に財宝がある」という触れ込みで、ワナまで仕掛けて、泥棒
や観光客を集めて、荒稼ぎをしていた…というわけです。

ルパンはその話を聞き、「このことは誰にも言わない」と約束し、古着はもらっ
ていきました。

町の人たちは、「あぁ、良かった」とばかりに、再びいつもの生活に戻りまし
た。


そしてルパンは、町から離れた場所に来ます。
そこで、先ほど聞いたセリフをもとに、古着にラム酒をかけます。

すると、古着に宝のありかを示した地図が浮かびました。


そして本物の財宝を手に入れた…


という話です。

マンガを口で説明してみたわけですが、ご理解いただけましたでしょうか。


さて・・・。

この話、いかがでしたでしょうか?

まぁ、すごくシンプルな感想としては、「あぁ、ルパンはすごいなぁ」でしょ
うか。


一般人たちがまったく気づかなかった、フィルの財宝のありか。

古着とラム酒という、最大の手がかりが目の前にそろっていたにも関わらず、
それに気がつかず、別の仕事に精を出してしまう。
そしてルパンに横取りされてしまう…。

そんな一般人の滑稽さと、ルパンの天才さ。

この対比こそが、この話の、とりあえず一番分かりやすい解釈かもしれません。


しかし・・・それ以上に。

「町の人が、金庫を利用して、多くの観光客を集めて金を稼いでいた」

という方が、より重要で、スゴイことではないかと思います。

もちろん天才でないため、彼らは、財宝のありかは分かりませんでした。

しかしそれでも、知恵を絞って、ビジネスにした。

極端な話、財宝は、使い切ってしまえば、なくなってしまいます。
でもこのビジネスは、続ける限り、永遠にお金が入ってきます。

すると総額で、上回る儲けをたたき出す可能性だってありえます。

「魚を与えるより魚を釣る方法を教えよ」という言葉がありますが、それに近
いかもしれません。

すなわち、「町の人たちのたくましさ」こそが、何よりも大切なポイントなの
ではないかと思います。


まぁ、この町の人たちのビジネス自体は、宝くじに近いと言いますか。
…いえ、当たりが存在しないわけで詐欺に近い上に泥棒をワナで殺してますの
で、決して「そのままマネしろ」というわけではないんですが。

それでも、考え方としては、すごく重要で、とてもとても大切なことだと思い
ます。

「財宝を得たい!」と思って頑張って、それでも「財宝がなかった…」という
とき。
「自分は天才ではないからダメなんだ」みたいな言葉で終わらせるのではなく…

それを利用して、とにかく知恵を絞って、ビジネスにする。
 
そういう「石にかじりついても」という発想は、「天才のひらめき」より、ずっ
と素晴らしいことだと思います。

たとえば「大金持ちになるための秘訣」というような本がありますよね。
色々な大金持ちや成功者に取材をして、その秘訣を本にしているわけです。

この本がすごく売れつづければ、結果的に大金持ちになることもあるでしょう。

モテたくて頑張っても、まったくモテない。
そんなときに開き直って、モテないネタを話せば、かえってそれがウケて、好
いてもらえるかもしれません。(保証はできませんが・・・)

もしくは好きな人へのかなわぬ思いなどを小説にして人気が出れば、別の魅力
的な人が振り向いてくれる可能性だってあります。

具体的な例がこのくらいで恐縮なのですが、とにかく重要なのは「姿勢」
です。

「何かが達成できない」なら、「それを利用して、何かをしてやる!」という
発想は、時として「最初の目標そのもの」よりもずっと大切なこと。

なにかヒントになりました???

そんな訳で今日もバテずに頑張りましょう!!!
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。