スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【人は誉めた方がいいのか】

あなたは、人は褒めた方がいいと思いますか?

「それは当然、怒ったり叱ったりするよりも褒めた方がいいでしょ!

怒られたり叱らたりするよりも褒められた方が気持ちがいいに決まっているし・・・」

って、答えるかもしれませんね。

もしかしたら、「褒められるのは苦手なので、
どちらかと言うと怒られたり叱られたりする方が好きかも・・・」と、
ちょっとMチックな答をしたりして。

まぁ、どういう答えにしろ、言えることは、
褒めるという行為は、人を評価しているということです。

つまり、褒めるという言葉を使うのであれば、
相手のことを評価対象としてみていることになるのです。

もしくは、相手をコントロールしようとか、
相手から何かを奪おうとしているといった、
裏の欲求が見え隠れしていたりするのです。

しかし。

これが”褒める”という言葉を使わずに、結果的に相手が褒められたと思い、
嬉しかったりなどいい感情になれば、意味合いが違ってきます。

この場合は、メッセージになります。

私の思い(心)を伝えるメッセージ。

・・・

「子供がテストで100点を採ったから褒める。」

「100点をとらないと褒めない。」

これは、褒める褒めないをテストの点数で評価しているのです。

あなたが人を褒めるとき、相手に何かを期待したりしていませんか?

何かの見返りが、心のどこかにあって思いを伝えたりしていませんか?

純粋に、自分の思い(心)を相手に伝えていますか?

「人を褒めなくては!」と、ある意味機械的になると、いやらしさがでます。

でも、純粋に自分の思い(心)を伝えて、
それが相手は褒められたという感情を抱いたのであれば、
それは何より・・・なのです。

素直に自分の”ココロ”を伝える。

これって、簡単なようで実は難しい。

なぜ難しいか?

相手のことを良く見ていていないとできないから。

つまり、相手に興味を持って観察しなければ、

相手の良さを素直に心から伝えることができないからです。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。