スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イヤなことは、“正しくない”と思いたい

これは人間の性(さが)でしょう。 
どれだけ正しい理論であっても自分に都合が悪かったり、
嫌悪する相手だったりするととにかく反対や批判をしたくなるものです。

もっと他に正しいことはある…とか、そのやり方はきっと失敗する…とか、
理論よりも感情が先に立ってしまって、物事の本質を見ようとしない。
そしてありもしない虚言で相手を攻撃するだけになってしまうのです…
いかにも自分が正しさの象徴であるかのように…。

世の中に起こる大概の争いは、こんなところが理由ではないでしょうか?
世の中には、様々な国家・宗教・人種・文化・歴史…などがあります。
どこが間違いで、どこが正しいのか?

そう、全てが正しく、全てが間違いなのです
お互いに自分の都合によって正しさや間違いの“区別”がつくだけなのです。

ですから、どちらかが一方的に“正しい”ということはないのです。
それは、ちょこっとした痴話喧嘩から戦争まで、なんら変わりません。

“本質”をキチンと分析し、感情まかせにならないで相手を理解するところから
はじめなければならないようです。

参考: 優れた民族は他の民族に対して寛容だ

※まずは、相手を理解することからはじめましょう。
子どもたちの教育も同じ。
子どもたちを理解することから始めましょう。
子どもたちは”素直”ですよ・・・。

大人の背中をみて、いろんな色に染まっていくのです。


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。