スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面白い話

(栃木県編)

鹿沼の,農家の店、みのりというところがあって,
駐車場に張り紙があり、サイドブーキーをかけてください、
と書いてあります。一度ぼろぼろになって 新しく書き直しても、
なおサイドブーキーと言い張っています。

壬生のゴミステーションに、もいるゴミ、もいないゴミ
分別表示がなされていました。

↑ほんとかよ・・・。

保母をしてるとき ひらがなを教えるため ことば遊びをしました。
私「だれか、への付くことばしってるひと・・・」
こどもたち「ハイ ハイ ハイ!」
A男「はい!へびろのへ」
私「???」(もちろん せびろのことらしい・・・)

私「し のつくことばしってるひと~」
B男「ハイ ハイ せんせい しってるよ!へびの し 」
私「???」(なるほど、かたちはにてるけどね・・・)
なんか、気持ちはわかるんだけどね・・・ 皆さん 意味わかります?

↑なまってる・・・。

かけ湯

それは那須にきて1年目くらいのある日のことでした。
久しぶりの休みに 家族で 山の上の方にある有名なクアハウスにでも
行って見ようと言うことに なりました。
とても豪華できれいな館内ですが、オフシーズンの夜で人は我が家のほかには 
数えるほどしかいませんでした。
その館内には、温泉のほかに、水着ではいるジャグジーのプールみたいなのが 
いっぱいあります。
わたしが、プールにゆくと もう子供達は 歓声を上げて、
プールにはいっていました。
ふときがつくと、私の左側に ちいさなお風呂みたいなのがありました。
それは本当にちいさくて、人一人がやっと入れるくらいの大きさでした。
それに 形がユニークで、まるで初心者マークみたいに 
家型の浴槽が二つぴったりくっついていました。


「あら かわってる・・・まるで、むかし東京の親戚ではいった"樽風呂”みたい・・・”

私は 独り言をいうと、足を止めました。
そこにはこんなふうな 看板が立っていました。  

" 急に入ると危険ですので、このかけ湯で体を慣らしてからおはいりください。 
左の湯は38度 右は40度です。低いほうのお湯から 10回ずつかけて、お入りください”


「あら おもしろい!やってみよう・・・いっかい・・・にかい・・・」
そして わたしは 書いてあった通り10回ずつかけて はいりました・・・


わ~なんだか、おもしろい。ちちゃくて、ふたつくっついていて、
まるでアベック風呂ってかんじ~~~~~
たまには こんな小さいのもおもしろいものだね・・・同じ方向むいて・・・
となりどうし手をつないではいれそう・・・

と、そこへ 末息子がやってきました。
「お、おかあさん・・・そ、それは、かけ湯って書いてあるじゃない!
はいっちゃいけないんだよー!はずかしー」「あーはずかしい」
「子供として恥ずかしい・・・」

な、なんと私は 勘違いしていたのでした。だって、10回ずつかけてから入るって 
かいてあったんだもの・・・
息子は はずかしいを連発しておりました。


もう5年も前のことなので 白状しちゃいましたが、
クアハウスの方ごめんなさい! 他のお客さんもごめんなさい!

でも、もう一度言わせて・・・"かけてからお入り下さい”って
書いてあったんだから・・・素直な性格だとふつうはいっるでしょ・・・
"これはかけ湯です。かけるだけで、入らないで下さい。”ってかいといてよ・・・                          
以上5年前の赤っ恥でした!

↑もしかして”サンバ○ー那須???




スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。