スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“勝つ”とは、己を極めるということ

何をやってもうまくいかないときがあると思えば、
何もかもがうまく行きすぎて不安になるときもある。
どちらにしても不満が出てしまうのは何故だろう? 

お金持ちの方がいいし、物事が思い通りになる方がいいし、
夢は叶えられ望むものがすぐに与えられた方が幸せって思うのに、
それを願う自分がどこか空しくなってしまうのは何故だろう?

多分そこには“闘い”というものがないからだと思う。
人が自らすすんで行動するき、そこに“志”や“情熱”というものがある。
情熱とは“怒り”…生命が危険にさらされても恐怖に立ち向う純粋な憤り。
だから情熱がないと不安に身がすくみ妥協し闘う意志がなくなる。

ケンカはよくないと大人は言う、でも情熱が傾けられる場所はいつもケンカなのです。
相手を否定し消滅させる寛容のない暴力とは違う、パンパンと相手とぶつけ合う自分の魂。
闘いを避けると当たり前のことが当り前に出来なくなる。
故に幸福が当り前に感じれなくなる。そして、自分をぶつけるものがなくなれば、
もやもやとした不満を溜めて歯切れ悪く心は歪む。

世の中がつまらないのは、自分がつまらないから。
楽しさを望むなら、闘わなくてはならない。
そこには勝ち・負けというものは関係がなく、
どれだけ理解ができるか?という自己追求に意味がある。

究極には、ジブンという存在をえぐり出して、
見える場所にさらしてしまうこと。
もし、ジブンの器を越えたところから己を見つめることができたならば、
それがジブンに“勝つ”ということであり、“己を極める”ということではないでしょうか?

もちろん並大抵のことではできない、でも、情熱に背中を押されて前に出るとき、
初めて自分の能力は発揮されると僕は思います。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。