スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真実は嘘をつく

人が、本当のことを言おうとしたとき、それをそのままの形で
言ってしまうと逆に真実味を失ってしまうときがあります。
「いわゆる」だとか「一言で」とか真実を単純な形で言えるのならば、
芸術家も小説家も必要がなくなる。
真実を語るとき、人は大きな例え話・・・
虚構を作り上げることによって初めて伝える手段を持つようになります。

直接的に「平和」「博愛」「幸福」・・・
言われれば言われるほどに胡散くさくなってしまう。
できるだけ正直に話そうと思っても、正直に話すということと
それが真実であるということは別問題なのだ。

<それは大きな船の“へさき”に似ている。
最初に正直さが現れ後から真実が現れる。
しかしその真実が大きければ大きいほどに船尾を見る頃には
“へさき”にあったことはもう忘れてしまっている。> 
(村上春樹の小説より)

大きな真実の全体を見渡すことは不可能だし、
もしそれをしたければ真実からは遠い場所に移らなければならない。
その遠い場所というのが“虚構”という場所。
僕達が何かに感動したり、深く自分の心の中に突き刺さってくるものは、
いつでもわかりにくく「なんだこれは?」という一見荒唐無稽なものだったり
無意味で退屈なものだったりします。

<人は退屈でないものにはすぐ飽きてしまうけれど、
飽きないものはいつでも退屈なものなんだ>

スカっとするような単純明快で作為のない答えを求めて、
刺激的でわかりやすい真実を求めて、その時その時の事実を”真実“として
一生分の答えにしてしまいやすい。

でも、本当のことは最後の最後までわからないのです。
だから、僕達は遠回りをしながら、虚構の中を移ろいながら遠くにある
真実を見据えようとしているのではないでしょうか?

そう考えると、真実は嘘の中に存在し、真実の中に入れば
何も見えなくなってしまうものなのかもしれません。
たとえ自分の人生が“虚構”でも、みんな嘘っぱちでインチキだらけの邪悪だと
感じる世の中だからからこそ、
僕達は夢・希望を語る力を持っているのだとは思いませんか?

※理解するのに難しいと思いますが、
真実なんて、わからなくていいこともあります。

夢や希望を持ち、また次々と起こる出来事の中で
それを経験としてとらえて、それを言葉として伝える。

世の中の正しいこと、悪いことは人間が決めたことであり
その真実を知ったからと言って、正しい・悪いを決めることは
出来ないこともあります。

真実は奥深いところにあります。

うーん。むずかしいー。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。