スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

言葉の重さ

言葉には、重さがあります。
同じ言葉でも、言い方によって、その重さが変わります。
適当に言うと、軽い言葉になります。
思いを込めて言うと、重みのある言葉になります。

ある程度の重みがないと、目の前に相手がいても、
受け止めてもらえません。
話を聞いていて、
「あー、この人、その場しのぎで喋ってるな」とか
「気持ちがまったく入ってないな」なんて感じる人、
いませんか?
もし、あなたがそうなら要注意です。


★この本によると、
ついつい喋り過ぎてしまう人、ひと言多いと言われる人は、
あまり一つひとつの単語や表現を細かく考えず、
思いついた順番に話したり、相手の投げかけにも深く考えず、
ただ反応して答える、ということが多いそうです。
そして、こんなしゃべり方をしていると、真面目に聞いて
くれる人がだんだん少なくなるので注意だそうです。


誰かと話をしていても、偉い方の話を聞いても、
「この人の言葉は軽いなぁ、上っ面だけだなぁ」とか、
「この人は何も考えてないんだろうなぁ、深みがないね」と、
感じられる人がいる。
それは、どうしてそう感じられるのだろうか?

やはりそれは、
日々の行動と言っていることが違っていたり、
自分の話に酔っていて、自慢話が多かったり、
あちこちに話がとんで、まとまりがなかったり、
ただただ一方的で、感情がこもってなかったりして、
それが伝わるのだと思う。

自分が今、何を話しているか、何を話そうとしているか、
どんな言葉を使っているか、その言葉で伝わるか、
自分の話している言葉を今一度振り返り、見直し、
自分の言葉を大切にしていきたい。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。