スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一歩先の仕事力

この本の中で、心臓外科医で世界的に有名な
須磨先生の話しが紹介されてました。

この先生は、昔、かなりたくさんの心臓手術の練習を
重ねてきたそうです。

その苦労というのは、かなり大変だったそうです。

というのも、

実際の心臓手術は、

心臓の血管はの厚さは、わずかティッシュペーパー一枚ぐらい。

それを髪の毛よりも細い針で縫う。

それで、先生もティッシュペーパーを
何千枚も縫い合わせる練習をされてきたとのこと。

この話しを書いている
小阪裕司さん自身の経験も、その後に
語っておられました。

それは、【ある練習量をこなすと、
その技術が急激にレベルアップ】
するらしい。

長い間、努力しても技術が伸び悩んでいても、
ある量を超えると急激にのびる。

でも、多くの人が、その努力しても、
伸びないことで、練習をやめてしまうのだとのこと。

自分の限界を知り、自分の限界を超えて行く
そのような事を頭の片隅に入れながら
チャレンジしていく事が大切だと思います。


『一歩先のシゴト力』小阪 裕司 (著) PHPより抜粋
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。