スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分という作品

『役者の多くは、映画を撮っているとき、
 そのすばらしさにまだ気づかない。

 映画が編集されたのを目の前にしたとき、
 その映画のすばらしさと、自分の演技の意味を確信する。

 同じように、自分の今生きている人生も、
 多くの役者がそうであるように、
 その人生のすばらしさに気づいていない。

 そして、その人生の意味にも気づいていない。
 あなたが人生という映画を編集するまでは。』

いかがですか?

その日あったできごとに、意味があるのではなくて、
自分が、そのことをどう捉えたかが重要なようです。

自分の頭の中で、出来事を編集しなおして意味を見つける
こと、これが大切なようです。

今の自分は、今までの自分の積み重ねでしかありません。
過去からの自分をつなぎ合わせてみたら
いい作品が出来てるかもしれませんよ。

もし、いい作品ではないと思ってしまったら・・・

これからでも十分いい作品は出来るはず。

一日一日を大切に生きること。
その積み重ねが大切なのかもしれません。
スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。