スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不幸と同等の幸福の種子

『チャンスというものは、多くの場合、
 辛い経験に、姿を変えてやってくる
 だから殆どの人は、それと気づかない』
-アン・ランダーズ(アメリカのジャーナリスト)-

すべての逆境、失敗、不幸な経験はいずれも不運にみえるが、
実際には幸福になりえる。なぜなら、それらには不運と
同程度の幸福の種子が内包されているからである。
失敗と挫折。この二つは、すべての人間を謙虚にし、
理解力と知恵を身につけさせるために自然が与える試練なのだ。


不運にはそれと同程度の幸運の種子が
内包されていることを発見すれば、
それをもとに成功の基礎を築くことができるのだ。


ここに、人生の謎を解く重大な事実が二つある。


1)何らかの不運が、すべての人にいつか必ず襲いかかる
2)不運には、それと同程度の幸福の種子が必ず内包されている


自分が苦しんでいるときに、その不運と同程度の幸福の種子が
内包されていることを認識せよ。と言われても、
それは困難なことかもしれない。
しかし時間はどのような傷も癒してくれる。
傷が癒せれば、幸福の種子を真剣に探し求める者は、
必ずそれを見つけ出すことができるだろう。

-ナポレオン・ヒル「私たちは成功者に何を学ぶべきか」より-


「何にせよ失ったものがあれば、
その代わりに必ず得るものがある。」
他の人たちが成功へのちょっとした機会を
与えてくれることがあるが、そういうときに
我々は自分の能力を信じ、
目的に向かって前進しつづけていなければならない。


落下傘部隊の軍曹であったハロルド・ラッセルは、
事故で両手を失い、挫折感と敗北感に打ちのめされた。
両手のない人生が恐ろしかったのだ。
生きようと死のうと、どうでもよくなっていた。
そういったある日、やはり両手をなくした
兵士が病院のラッセルを訪れて、
最初に超えるべき障害は自分自身だと説き、
エマソンの言葉を引用したのである。
これ以来、手を失ったことが転機となった。
彼はベストセラー作家になり、幼なじみの恋人と結婚し、
世の男性の多くが夢見る成功を手にしたのである。     

-ジョージ・シン 「やる気を起こせ」より-


災難・不幸には必ずそれ以上の
利益の種子が隠されている。
辛い経験ばかりが、たて続けに続いている時の疲れや悩み、
それらは、多くのチャンスとめぐり合っています。
しかし、それらに、気づかない人への警告とも受け取れますね。

ジョージ・シン先生によると、
失ってもその代わりに得るものがある。
と説いています。
つまり得ることのほうに目を向けなさい

すなわちポジティブな捉え方になるのだと思います。
実際このことを強く心にとめておくと、
試練が起こることが不思議に楽しみに思えてくるものでしょう。
このことを完全に実践できる人は、
もはや試練や不幸などは人生に存在しないのかも知れません。


スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。