スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

興味深々な話がありました。「名前」の「呪」の心理学についてです。
人は名前を付けられた時点で束縛されます。
名前が(肩書きが無ければ)ただの人です。
例えば
人の肩書きも「呪」です。芸能人・病人・健常者・社長・ニートなど色々な「呪」があります。
「芸能人」というと、なんだかきらびやかに思えたり、
「ニート」というと、ずいぶんダメに思えたりします。
これが、「呪」の力です。
「名前」をつけられた時点で、説得力が生まれます。

「社長」とか「理事長」とか肩書きをもらったとたんに「こうしなければならない」と言う責任感や
理想が上がったりいろいろ発生してきます。

それは悪いことではないですが、「肩書きが人を成長させる」と言うのもあります。

そう考えると子どもに名前をつける命名も「呪」のひとつになってきますね。
高校生の時よく言われましたが、名前負けしてるよ・・・。とか。
そういわれても親が付けてくださった名前だからしょうがない。
名前負けしてるなら名前に見合った人になればいいと当時はいろいろ考えて
いろんな事にTRYしてきました。

結果、今こんな人になってしまった訳ですが・・・。(いい意味でも悪い意味でも)

しかし、「名前」や「肩書き」をもらうと言うことをマイナスにとらえるのではなく
プラスにとらえた時の大きさはとてつもないことですよね。
ただ精神的プレッシャーは相当なものです。(経験してみるとわかると思います)

そのプレッシャーがまた人を育てたりします。
(あくまでプラスにとらえるとですよ)

マイナスでとらえるとどうゆう状態になるかは大体予想が出来ると思いますので
あえて書きませんが、どのような状況であってもプラスで考えると言うことが
1番なのかもしれません。

世の中縛られてることは沢山あるんですね。「名前」でさえ縛られている。

最初にも書きましたが「名前」(言葉で表現できないものを言葉で表現する事)は説得力を生みます。

今はそれを探すのに勉強しブログにも書き込みするようにしてます。(暇になったからではないぞ)

話は変わって

6月2日(社)黒磯那須青年会議所2010年度第37代理事長を決める選挙例会。
果たして次年度は誰になるのか?
と言うところよりも結構次年度専務が話題になってたりするんですよねー。
楽しみ楽しみ・・・。

この様な時代だから精神的休養も必要ですね。

だから、ただただ、楽しいことを探して、素直でいるのみです。

スポンサーサイト
コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

hayato

Author:hayato
那須塩原市で防災・防犯の会社を経営しております。安心・安全・信頼を通して地域のお役に立てる会社にしようと奮闘中です。少しでも皆様のお役に立てる情報が流せたらと考えております。

カテゴリー
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。